はぐれ妖怪メダルとは?入手確率やオークション価格を調査してみた!

今回ははぐれメダルについてお話ししたいと思います。
説明するよりも見てもらった方が早いので、まずは次の二つのメダルを見て下さい。

銀フレーム ホロキラ はぐれ妖怪メダル 妖怪メダル 第3章

まさむね はぐれ

銀フレーム ホロキラ ちょい得 妖怪メダル 第3章 ガシャポン第4弾

まさむね

「さぁ〜て、どこが違うかわかりますかぁ〜?」なんて、アニメ終わりのウィスパーの声も聞こえて来そうですが…
微妙な違いですので、気づかずに過ごしていた方も居るかもしれません。

では、これならどうでしょう。

銀フレーム ホロキラ はぐれ妖怪メダル 妖怪メダル 第1章 復刻版

ジバニャン はぐれ

銀フレーム キーメダル ホロキラ 妖怪メダル 第1章 ガシャポン第1弾 DX妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチSP 妖怪メダル 第1章 復刻版 ガシャポン第1弾復刻版

ジバニャン

この2つなら違いがはっきりわかりますね。なんでジバニャンがこんな顔になってしまったかと言えば、メダルの左側に注目して下さい。このジバニャン、ジミーに取り憑かれちゃったんですね…
はぐれメダルとは、今見てもらったようにある妖怪のメダルの中に別の妖怪が隠れていて、別バージョンの絵柄になっている物を言います。

はぐれ妖怪メダルの種類

はぐれメダルは妖怪メダル 第3章から追加されました。現在確認されているのは、メダルパックの第3章、第4章、第1章復刻版にそれぞれ3種類ずつです。それぞれの章ごとで特徴がありまして…

  • 第3章:ウィスパー
  • 第4章:じんめん犬
  • 第1章復刻版:ジミー

が隠れキャラとして登場しています。
最初に見てもらっったまさむねですが、これは第3章のメダルです。はぐれメダルでは左上の月がウィスパーになっていますね。
第4章のじんめん犬もそれぞれのはぐれメダルの隅っこの方にちょこっと登場しています。よくよく見ないと見落としてしまいがちです。

[PR]

はぐれ妖怪メダルの入手確率

ではこのはぐれメダル。一体どれくらいの割合で出会えるメダルなのでしょうか。
入手方法は妖怪メダルパックからです。一定の割合で封入されています。
まず妖怪メダルパックですが、1つのBOXの中には12パックのメダルが入っています。
このBOXの中の12パックの組み合わせですが全部で12通り、つまり12種類のBOXがあることにます。
その12種類のBOXの中に、はぐれメダルの入っているパターンが1つの絵柄に対して1種類あります。
はぐれメダルは各章3種類あるので、12種類のBOXの中にはぐれメダルの入っているパターンが3つあることになります。
文章で書くととてもややこしいので、式に起こしてみます。

一章あたりではぐれメダルに出会える確率=はぐれメダル全3種類/(12BOX×12パック)

つまり、144パックのうち3パック、これだけしか入ってないってことになります。
数字にすると約2.1%…なかなか出てこないのも納得の数字ですね。

オークションでの購入・買取価格は?

でも今更メダルパックなんて買えないよーという声も聞こえてきそうです。
そんな時にはオークションで手に入れることもできます。レアな商品ですが、出品は定期的にされています。
はぐれメダルの中でもノーマルメダルである虫歯伯爵やくいい爺は1000円前後と、比較的お手頃に入手できます。
ほかのものはホロメダルになるので1500円から3000円くらいまで、落札価格に幅があります。
特に主役級のジバニャンや、龍神のはぐれメダルは人気があるので、ほかのホロメダルより高めです。
メダルパックが発売された直後は高値で取引されますが、一月ほどである程度のところで落ち着くようです。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。